五行思想

2022年08月06日

と 『土用(6)/家元エリ子@KIAIGIA』

(6)『土用(6)/家元エリ子@KIAIGIA』


【土用(6)/家元エリ子@KIAIGIA 画像01】
土用(6)/家元エリ子@KIAIGIA画像01
▼画像クリックで1280x960pxlsに拡大@北洞院エリ子花前カレン
土用(6)/家元エリ子@KIAIGIA画像01
暦のごはん講座の土用や五行思想などのお勉強♪
(c) KIAIGIA All Rights Reserved.

画像はイメージです。
画像クリックで長辺1280x短辺960pxlsに拡大




 こんばんは、北洞院エリ子花前カレンです♪

 このページは<花前のブログ by Hanasaki Karen>改め<京この頃★北洞院エリ子花前カレン>ブログです。

 本日は、『土用(6)/家元エリ子@KIAIGIA』ブログの紹介です。

 「土用/家元エリ子@KIAIGIA」ブログは先日よりシリーズで以下
土用(5)/家元エリ子@KIAIGIA
土用(4)/家元エリ子@KIAIGIA
土用(3)/家元エリ子@KIAIGIA
土用(2)/家元エリ子@KIAIGIA
土用/家元エリ子@KIAIGIA
を作成して投稿しています。

 トップのタイトル画像01は、ウチ一般社団法人京都国際芸術協会<法人設立当時の旧商号:非営利型一般社団法人京都国際芸術院(法人番号7130005015305/略称:KIAIGIA/キアイジャ/公式ページFacebookページ公式Twitter代表のTwitter大阪南本部)>の大阪南本部の近くの田んぼのワンショットビジュアルです。

 画像タイトルはファイルタイトルとは異なりますが、「土用/家元エリ子@KIAIGIA京都国際芸術協会by北洞院エリ子花前カレン」で統一しています。

 画像サブタイトルは、<暦のごはん講座の土用や五行思想などのお勉強♪(c) KIAIGIA All Rights Reserved.>で統一しています。

 Twitterとfacebook用コメントは、<★夏土用の習慣に土用の虫干し土用干し天日干しがあります♪>としています。

 五行に由来する暦では先日書いてきた「七夕」も大いに五行思想が反映されています。

 七夕については先日以下のブログ「暦のごはんリハ@京都国際芸術協会」シリーズ
暦のごはんリハ(4)@京都国際芸術協会
暦のごはんリハ(3)@京都国際芸術協会
暦のごはんリハ(2)@京都国際芸術協会
暦のごはんリハ@京都国際芸術協会
を作成して投稿してあります。

 併せてお読みいただければ幸いです。


『土用(6)/家元エリ子@KIAIGIA』data

■URL=http://hanamae.blog.jp/archives/37984189.html
■タグ=土用 家元エリ子 KIAIGIA 五行思想 土用の虫干し 土用干し 天日干し 大阪南本部 北洞院エリ子 花前カレン
■画像タイトル=土用(6)/家元エリ子@KIAIGIA京都国際芸術協会by北洞院エリ子花前カレン
■サブタイトル=暦のごはん講座の土用や五行思想などのお勉強♪(c) KIAIGIA All Rights Reserved.
■Twitterとfacebook用コメント=★夏土用の習慣に土用の虫干し土用干し天日干しがあります♪
■画像 ※332x249でページ表示、画像クリックで1280x960に拡大
□土用(6)/家元エリ子@KIAIGIA画像01
=https://livedoor.blogimg.jp/hanamae/imgs/3/f/3fa205eb.jpg
□土用(6)/家元エリ子@KIAIGIA画像02
=https://livedoor.blogimg.jp/hanamae/imgs/7/7/77576c36.jpg


【土用(6)/家元エリ子@KIAIGIA 画像02】
土用(6)/家元エリ子@KIAIGIA画像02
▼画像クリックで1280x960pxlsに拡大@北洞院エリ子花前カレン
土用(6)/家元エリ子@KIAIGIA画像02
暦のごはん講座の土用や五行思想などのお勉強♪
(c) KIAIGIA All Rights Reserved.

画像はイメージです。
画像クリックで長辺1280x短辺960pxlsに拡大




 上の画像02はGoogle画像検索で「梅干しの天日干し」とキーワードを入力して得られた画像集です。

 夏土用の時期には梅干しの天日干しを行います。

 梅干しの産地には多くのこのような光景がこの夏土用の時期に見られます。

 そして、一般家庭では夏土用の習慣に、土用の虫干し土用干しがあります。

 夏土用の蒸し暑い時期に、陰干しをして衣類や書物に風を通します。

 パン作りの際、イースト菌を発行させるのに37度設定しますよね。

 この暑さ、37度になればもうこれは発酵温度で、例えばカビが蔓延りやすい夏の土用の気温です。

 土用の虫干し土用干しは、夏土用の頃には暑さと湿気でカビが蔓延るのを防ぎ、虫害があちこち食い荒らすのを防止するためです。

 最近は優れた家電品や、良い薬品が販売されているため、いつでも、土用の虫干し土用干しと同じ効果が得られますが、やはりこの土用の時期になると、土用の虫干し土用干しという言葉が、ウチ一般社団法人京都国際芸術協会大阪南本部の田舎で育った私の頭に浮かびます。

 また、この土用の期間には、私の父や叔父や伯父の田んぼには、水を入れずに土をひび割れ状態にわざとします。

 これは田んぼに蔓延る雑菌の繁殖を抑える為に毎年行っています。

 そうすると、土地が元気に生き返り、作物の根がしっかりと張るという効果があります。・・・つづく



■企画・取材&テキスト:北洞院エリ子花前カレン
□撮影:そよ江,、EricoHK大阪南本部
□テキスト&画像編集:HirokoFIORIErico_


北洞院エリ子花前カレンについて


■AboutUs(1) このブログページは、我が一般社団法人京都国際芸術協会<2018年法人設立当時の旧商号:非営利型一般社団法人京都国際芸術院(法人番号7130005015305/略称:KIAIGIA/キアイジャ/公式ページFacebookページ公式Twitter代表のTwitter大阪南本部)>花の代表、北洞院流華法道の家元として指揮を執るわたくし京都四条北洞院流家元エリ子<北洞院エリ子花前カレン公式ブログProfilefacebookTwitterInstagram公式HP1公式HP2個人塾浜のフラワーショップ花屋の矜持)>が管理者です。

★京都四条北洞院流家元エリ子花前カレンは京都大覚寺華道いけばな嵯峨御流の華範(※お免状画像はここをクリック)資格保持者です。
京都四条北洞院流華法道家元エリ子花前カレン習得の京都大覚寺華道いけばな嵯峨御流の皆伝→准師範→師範→華範までの各お免状画像@一般社団法人京都国際芸術院 エリ子花前カレンが入門した頃の階級は、入門→初伝→奥伝→皆伝→准師範(師範代)→師範→華範という階級です。
 ここでいう華範とは、
師範の師範で、正教授の事、英語では「professor 教授・プロフェッサー」と訳します。
 エリ子花前カレンの華道いけばなの修業は、入門から始めて免許皆伝から師範を教える階級トップの華範まで続けました。

★京都四条北洞院流家元エリ子花前カレンは国家資格であるフラワー装飾技能士における1級フラワー装飾技能士合格証書の保持者です。
京都四条北洞院流家元エリ子花前カレンの国家資格であるフラワー装飾技能士における1級フラワー装飾技能士合格証書画像@一般社団法人京都国際芸術院 フラワー装飾技能士とは、国家資格である技能検定制度の一種で、都道府県職業能力開発協会が実施する、フラワー装飾に関する学科および実技試験に合格した者をいいます。
 生花をメインに、ブライダルブーケの製作、パーティーや葬儀場などの飾り、フラワーアレンジメントパーティ会場の飾りつけなどフラワー装飾技能を証明する資格で、日本でフラワーデザインに関する唯一の国家資格であり、名称独占資格です。
 等級には、1級から3級まであり、それぞれ上級技能者、中級技能者、初級技能者が通常有すべき技能の程度と位置づけられています。

 受検資格を得るために必要な実務経験期間が必要で、各等級の期間は以下の通りです。
□3級 - 制限なし(実務経験があればよい)
□2級 - 2年以上(直接受検する場合)あるいは制限なし(3級合格後)
□1級 - 7年以上(直接受検する場合)あるいは4年以上(3級合格後)あるいは2年以上(2級合格後)。

★京都四条北洞院流家元エリ子花前カレンは民間資格であるフラワーアレンジメントにおける公益社団法人NFDのフラワーデザイナー資格検定試験の講師資格の保持者です。京都四条北洞院流家元エリ子花前カレンの民間資格である日本フラワーデザイナー協会(NFD)の講師資格の画像@一般社団法人京都国際芸術院
 公益社団法人日本フラワーデザイナー協会(略称:NFD)は、1967年に設立され、1969年に文部省(現:文部科学省)の許可を受け社団法人となりました。
 その後、2010年に内閣府よりフラワーデザイナー組織として唯一の公益社団法人として認定されました。
 フラワーデザイナー資格検定試験制度については、1967年より、NFDの「花文化の普及」という事業目的に沿って設けられた試験制度です。50年にわたり一律の基準をもって全国で統一した試験を開催し、多くの合格者を輩出した実績が認められ、業界内で技術的な基準として広く認知されています。

 フラワーデザイナー資格検定試験は、3級 → 2級 → 1級 → 講師と段階的に定められた試験制度です。





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
hanamae at 21:00

2022年08月05日

と 『土用(5)/家元エリ子@KIAIGIA』

(5)『土用(5)/家元エリ子@KIAIGIA』


【土用(5)/家元エリ子@KIAIGIA 画像01】
土用(5)/家元エリ子@KIAIGIA画像01
▼画像クリックで1280x960pxlsに拡大@北洞院エリ子花前カレン
土用(5)/家元エリ子@KIAIGIA画像01
暦のごはん講座の土用や五行思想などのお勉強♪
(c) KIAIGIA All Rights Reserved.

画像はイメージです。
画像クリックで長辺1280x短辺960pxlsに拡大




 こんばんは、北洞院エリ子花前カレンです♪

 このページは<花前のブログ by Hanasaki Karen>改め<京この頃★北洞院エリ子花前カレン>ブログです。

 本日は、『土用(5)/家元エリ子@KIAIGIA』ブログの紹介です。

 「土用/家元エリ子@KIAIGIA」ブログは先日よりシリーズで以下
土用(4)/家元エリ子@KIAIGIA
土用(3)/家元エリ子@KIAIGIA
土用(2)/家元エリ子@KIAIGIA
土用/家元エリ子@KIAIGIA
を作成して投稿しています。

 画像タイトルはファイルタイトルとは異なりますが、「土用/家元エリ子@KIAIGIA京都国際芸術協会by北洞院エリ子花前カレン」で統一しています。

 画像サブタイトルは、<暦のごはん講座の土用や五行思想などのお勉強♪(c) KIAIGIA All Rights Reserved.>で統一しています。

 Twitterとfacebook用コメントは、<★五行思想を少し勉強して七夕や丑の日など暦の理解を深めよう♪>としています。

 トップのタイトル画像は、五行の相生・相剋図のワンショットビジュアルです。

 この画像は、わたくし京都四条北洞院流家元エリ子代表<北洞院エリ子花前カレン公式ブログProfilefacebookTwitterInstagram公式HP1公式HP2個人塾浜のフラワーショップ花屋の矜持)>は、五行思想の木火土金水の相生・相剋をWebで検索して、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から引用して自分で編集しました。

 この私の画像はご自由にお使い頂いてもOKです。

 ただしお使いいただく場合は必ず出典元を記載してくださいますように。

 五行に由来する暦では先日書いてきた「七夕」も大いに五行思想が反映されています。

 七夕については先日以下のブログ「暦のごはんリハ@京都国際芸術協会」シリーズ
暦のごはんリハ(4)@京都国際芸術協会
暦のごはんリハ(3)@京都国際芸術協会
暦のごはんリハ(2)@京都国際芸術協会
暦のごはんリハ@京都国際芸術協会
を作成して投稿してあります。

 併せてお読みいただければ幸いです。


『土用(5)/家元エリ子@KIAIGIA』data

■URL=http://hanamae.blog.jp/archives/37983842.html
■タグ=土用 家元エリ子 KIAIGIA 五行思想 五行 五行の性質 ウィキペディア 京都国際芸術協会 北洞院エリ子 花前カレン
■画像タイトル=土用(5)/家元エリ子@KIAIGIA京都国際芸術協会by北洞院エリ子花前カレン
■サブタイトル=暦のごはん講座の土用や五行思想などのお勉強♪(c) KIAIGIA All Rights Reserved.
■Twitterとfacebook用コメント=★五行思想を少し勉強して七夕や丑の日など暦の理解を深めよう♪
■画像 ※332x249でページ表示、画像クリックで1280x960に拡大
□土用(5)/家元エリ子@KIAIGIA画像01
=https://livedoor.blogimg.jp/hanamae/imgs/a/0/a085e369.jpg
□土用(5)/家元エリ子@KIAIGIA画像02
=https://livedoor.blogimg.jp/hanamae/imgs/7/1/718e15e9.jpg


【土用(5)/家元エリ子@KIAIGIA 画像02】
土用(5)/家元エリ子@KIAIGIA画像02
▼画像クリックで1280x960pxlsに拡大@北洞院エリ子花前カレン
土用(5)/家元エリ子@KIAIGIA画像02
暦のごはん講座の土用や五行思想などのお勉強♪
(c) KIAIGIA All Rights Reserved.

画像はイメージです。
画像クリックで長辺1280x短辺960pxlsに拡大




 いつもネットで調べている、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』を参考にして、お勉強しています。

 土用とは、<「土用」出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』>の「五行の性質」を引用すると、以下

<五行の性質において、木気は植物のような発育伸長する勢いある傾向、火気は勢いが頂点に達し燃え盛る性質、金気は熱や勢いが衰え凝縮・固化しつつある状態、水気は凝縮しきってエネルギーを秘めつつ静的に留まった状態であり、これらは四季、太陽、植物などの周期変化の観察から象徴化された。>

<土気は土壌におくと種が発芽することの観察から、大きな変化を促し保護する働きと場所の象徴である。>

<四季にはそれぞれ象徴である木火金水が順当に割り当てられたが、そのままでは季節が変わる際に性質の異なる気が接しギャップが生じる事になる。>

<現実のスムーズな移行にはバッファ的に働き現在から次の季節の気へと変容させる期間があり、ここで土気が活発に働いているとみたのが土用(土の働き)である。>

<この期間は、1年を五行の5等分し、さらに土を四季に配分するため4等分した長さとなる。>

と詳しく記載されています。

 上の画像02は、五行思想が色濃く反映されている七夕の五色の短冊の色の意味を書き込んだワンショットビジュアルです。

 この画像は、わたくし京都四条北洞院流家元エリ子代表<北洞院エリ子花前カレン公式ブログProfilefacebookTwitterInstagram公式HP1公式HP2個人塾浜のフラワーショップ花屋の矜持)>は、五行思想の木火土金水の相生・相剋をWebで検索して、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から引用して自分で編集しました。

 この私の画像はご自由にお使い頂いてもOKです。

 ただしお使いいただく場合は必ず出典元を記載してくださいますように。

 五色の短冊、青(緑)、赤、黄、白、そして黒(紫)は、中国で生まれた思想「陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)」に由来しています。


木・青(緑):「仁」思いやりの心をもつこと。人間力を高める。

火・赤:「礼」礼儀正しく謙虚で感謝する心。祖先に感謝。

土・黄:「信」人間関係を大切にする。誠実であること。

金・白:「義」世のため正しい行いをする。正義を行うこと。

水・黒(紫):「智」判断力知識をもつこと。学業向上など。


 上の画像02で、それぞれの要素と色、性質を表す五行の意味をご覧ください。

 五行思想における、万物は、木、火、土、金、水の「五行の性質」を色で表すという考えから、寺院や七夕まつり等では五色が用いられます。・・・つづく



■企画・取材&テキスト:北洞院エリ子花前カレン
□撮影:そよ江,、EricoHK大阪南本部
□テキスト&画像編集:HirokoFIORIErico_


北洞院エリ子花前カレンについて


■AboutUs(1) このブログページは、我が一般社団法人京都国際芸術協会<2018年法人設立当時の旧商号:非営利型一般社団法人京都国際芸術院(法人番号7130005015305/略称:KIAIGIA/キアイジャ/公式ページFacebookページ公式Twitter代表のTwitter大阪南本部)>花の代表、北洞院流華法道の家元として指揮を執るわたくし京都四条北洞院流家元エリ子<北洞院エリ子花前カレン公式ブログProfilefacebookTwitterInstagram公式HP1公式HP2個人塾浜のフラワーショップ花屋の矜持)>が管理者です。

★京都四条北洞院流家元エリ子花前カレンは京都大覚寺華道いけばな嵯峨御流の華範(※お免状画像はここをクリック)資格保持者です。
京都四条北洞院流華法道家元エリ子花前カレン習得の京都大覚寺華道いけばな嵯峨御流の皆伝→准師範→師範→華範までの各お免状画像@一般社団法人京都国際芸術院 エリ子花前カレンが入門した頃の階級は、入門→初伝→奥伝→皆伝→准師範(師範代)→師範→華範という階級です。
 ここでいう華範とは、
師範の師範で、正教授の事、英語では「professor 教授・プロフェッサー」と訳します。
 エリ子花前カレンの華道いけばなの修業は、入門から始めて免許皆伝から師範を教える階級トップの華範まで続けました。

★京都四条北洞院流家元エリ子花前カレンは国家資格であるフラワー装飾技能士における1級フラワー装飾技能士合格証書の保持者です。
京都四条北洞院流家元エリ子花前カレンの国家資格であるフラワー装飾技能士における1級フラワー装飾技能士合格証書画像@一般社団法人京都国際芸術院 フラワー装飾技能士とは、国家資格である技能検定制度の一種で、都道府県職業能力開発協会が実施する、フラワー装飾に関する学科および実技試験に合格した者をいいます。
 生花をメインに、ブライダルブーケの製作、パーティーや葬儀場などの飾り、フラワーアレンジメントパーティ会場の飾りつけなどフラワー装飾技能を証明する資格で、日本でフラワーデザインに関する唯一の国家資格であり、名称独占資格です。
 等級には、1級から3級まであり、それぞれ上級技能者、中級技能者、初級技能者が通常有すべき技能の程度と位置づけられています。

 受検資格を得るために必要な実務経験期間が必要で、各等級の期間は以下の通りです。
□3級 - 制限なし(実務経験があればよい)
□2級 - 2年以上(直接受検する場合)あるいは制限なし(3級合格後)
□1級 - 7年以上(直接受検する場合)あるいは4年以上(3級合格後)あるいは2年以上(2級合格後)。

★京都四条北洞院流家元エリ子花前カレンは民間資格であるフラワーアレンジメントにおける公益社団法人NFDのフラワーデザイナー資格検定試験の講師資格の保持者です。京都四条北洞院流家元エリ子花前カレンの民間資格である日本フラワーデザイナー協会(NFD)の講師資格の画像@一般社団法人京都国際芸術院
 公益社団法人日本フラワーデザイナー協会(略称:NFD)は、1967年に設立され、1969年に文部省(現:文部科学省)の許可を受け社団法人となりました。
 その後、2010年に内閣府よりフラワーデザイナー組織として唯一の公益社団法人として認定されました。
 フラワーデザイナー資格検定試験制度については、1967年より、NFDの「花文化の普及」という事業目的に沿って設けられた試験制度です。50年にわたり一律の基準をもって全国で統一した試験を開催し、多くの合格者を輩出した実績が認められ、業界内で技術的な基準として広く認知されています。

 フラワーデザイナー資格検定試験は、3級 → 2級 → 1級 → 講師と段階的に定められた試験制度です。





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
hanamae at 21:00

2022年08月04日

と 『土用(4)/家元エリ子@KIAIGIA』

(4)『土用(4)/家元エリ子@KIAIGIA』


【土用(4)/家元エリ子@KIAIGIA 画像01】
土用(4)/家元エリ子@KIAIGIA画像01
▼画像クリックで1280x960pxlsに拡大@北洞院エリ子花前カレン
土用(4)/家元エリ子@KIAIGIA画像01
暦のごはん講座の土用や五行思想などのお勉強♪
(c) KIAIGIA All Rights Reserved.

画像はイメージです。
画像クリックで長辺1280x短辺960pxlsに拡大




 こんばんは、北洞院エリ子花前カレンです♪

 このページは<花前のブログ by Hanasaki Karen>改め<京この頃★北洞院エリ子花前カレン>ブログです。

 本日は、『土用(4)/家元エリ子@KIAIGIA』ブログの紹介です。

 「土用/家元エリ子@KIAIGIA」ブログは先日よりシリーズで以下
土用(3)/家元エリ子@KIAIGIA
土用(2)/家元エリ子@KIAIGIA
土用/家元エリ子@KIAIGIA
を作成して投稿しています。

 トップのタイトル画像01は、ウチ一般社団法人京都国際芸術協会<法人設立当時の旧商号:非営利型一般社団法人京都国際芸術院(法人番号7130005015305/略称:KIAIGIA/キアイジャ/公式ページFacebookページ公式Twitter代表のTwitter大阪南本部)>京都東山本部が時々接待で利用している某お食事処の鰻丼のワンショットビジュアルです。

 画像タイトルはファイルタイトルとは異なりますが、「土用/家元エリ子@KIAIGIA京都国際芸術協会by北洞院エリ子花前カレン」で統一しています。

 画像サブタイトルは、<暦のごはん講座の土用や五行思想などのお勉強♪(c) KIAIGIA All Rights Reserved.>で統一しています。

 Twitterとfacebook用コメントは、<★2回ある今年2022年の土用の丑の日8月4日「二の丑」には鰻を食べる♪>としています。

 五行に由来する暦では先日書いてきた「七夕」も大いに五行思想が反映されています。

 あ、七夕については先日以下のブログ「暦のごはんリハ@京都国際芸術協会」シリーズ
暦のごはんリハ(4)@京都国際芸術協会
暦のごはんリハ(3)@京都国際芸術協会
暦のごはんリハ(2)@京都国際芸術協会
暦のごはんリハ@京都国際芸術協会
を作成して投稿してあります。

 併せてお読みいただければ幸いです。


『土用(4)/家元エリ子@KIAIGIA』data

■URL=http://hanamae.blog.jp/archives/37983714.html
■タグ=土用 家元エリ子 KIAIGIA 五行思想 暦のごはん 土用の丑の日 丑の日 京都国際芸術協会 北洞院エリ子 花前カレン
■画像タイトル=土用(4)/家元エリ子@KIAIGIA京都国際芸術協会by北洞院エリ子花前カレン
■サブタイトル=暦のごはん講座の土用や五行思想などのお勉強♪(c) KIAIGIA All Rights Reserved.
■Twitterとfacebook用コメント=★2回ある今年2022年の土用の丑の日8月4日「二の丑」には鰻を食べる♪
■画像 ※332x249でページ表示、画像クリックで1280x960に拡大
□土用(4)/家元エリ子@KIAIGIA画像01
=https://livedoor.blogimg.jp/hanamae/imgs/5/0/50e48974.jpg
□土用(4)/家元エリ子@KIAIGIA画像02
=https://livedoor.blogimg.jp/hanamae/imgs/5/8/58d10def.jpg


【土用(4)/家元エリ子@KIAIGIA 画像02】
土用(4)/家元エリ子@KIAIGIA画像02
▼画像クリックで1280x960pxlsに拡大@北洞院エリ子花前カレン
土用(4)/家元エリ子@KIAIGIA画像02
暦のごはん講座の土用や五行思想などのお勉強♪
(c) KIAIGIA All Rights Reserved.

画像はイメージです。
画像クリックで長辺1280x短辺960pxlsに拡大




 いつもネットではいくつかのサイトで調べます。

 ネットに掲載されている記事やデータは必ずしも正しいとは言えません。

 先ずは同じ事案の記事をあちこちで調べて、一般的に信頼のおける公の、政府とか管轄地域・部署や研究所とか時には一流メーカーなどのデータを探します。

 これらを踏まえて私なりの役立つ記事がどうか判断します。

 これには案外時間がかかります。

 まあ私が調べている、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』はある程度の信憑性があるので、これをを参考にして、お勉強しています。

 土用とは、<「土用」出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』>です。

 また、<「土用(ドヨウ)」の意味や使い方 わかりやすく解説 Weblio辞書>を見ると、


デジタル大辞泉
ど‐よう【土用】
読み方:どよう
1 雑節の一。1年に4回あり、立春・立夏・立秋・立冬の前各18日間。
2 立秋前の夏の土用。丑(うし)の日に鰻(うなぎ)を食べる風習がある。《季 夏》「ほろほろと朝雨こぼす土用かな/子規」


と記載されています。

 ここを読むと、夏の土用にはやはり「丑の日に鰻を食べる風習がある」と書かれています。

 上の画像02は、夏土用丑の日に合わせて、ウチのバーチャルアトモスフェア(仮想空間)まかない食堂「蕎麦庵めん吉」の丑の日まかない料理で、栄養満点の鰻牛丼と炊き込みご飯、そして季節の水ナス漬物のランチセットです。

 夏の土用は、日本では最も暑さが厳しい時期です。

 江戸時代にはこの期間の「土用の丑の日」として、夏バテや病気回復に、「丑湯(柿の葉などの薬草を入れたお風呂)」に入ったり、「土用灸」といってお灸をすえるという習慣があったようです。

 回ってくる年によっては、土用の期間に丑の日が2回ある事もあります。

 2022年の「土用の丑の日」は7月23日 (一の丑)、8月4日(二の丑)の2回。

 今年は鰻を食べる丑の日は2回ある年です。

 私は忙しくて最初の丑の日7月23日 (一の丑)には鰻を食べそこないましたが、二回目の丑の日今日8月4日「二の丑」には鰻を食べることにします。

 序に夏野菜水ナスの漬物そして栄養価満点のサツマイモとヨーグルトも頂ければ、栄養バランス抜群です。・・・つづく



■企画・取材&テキスト:北洞院エリ子花前カレン
□撮影:そよ江,、EricoHK大阪南本部
□テキスト&画像編集:HirokoFIORIErico_


北洞院エリ子花前カレンについて


■AboutUs(1) このブログページは、我が一般社団法人京都国際芸術協会<2018年法人設立当時の旧商号:非営利型一般社団法人京都国際芸術院(法人番号7130005015305/略称:KIAIGIA/キアイジャ/公式ページFacebookページ公式Twitter代表のTwitter大阪南本部)>花の代表、北洞院流華法道の家元として指揮を執るわたくし京都四条北洞院流家元エリ子<北洞院エリ子花前カレン公式ブログProfilefacebookTwitterInstagram公式HP1公式HP2個人塾浜のフラワーショップ花屋の矜持)>が管理者です。

★京都四条北洞院流家元エリ子花前カレンは京都大覚寺華道いけばな嵯峨御流の華範(※お免状画像はここをクリック)資格保持者です。
京都四条北洞院流華法道家元エリ子花前カレン習得の京都大覚寺華道いけばな嵯峨御流の皆伝→准師範→師範→華範までの各お免状画像@一般社団法人京都国際芸術院 エリ子花前カレンが入門した頃の階級は、入門→初伝→奥伝→皆伝→准師範(師範代)→師範→華範という階級です。
 ここでいう華範とは、
師範の師範で、正教授の事、英語では「professor 教授・プロフェッサー」と訳します。
 エリ子花前カレンの華道いけばなの修業は、入門から始めて免許皆伝から師範を教える階級トップの華範まで続けました。

★京都四条北洞院流家元エリ子花前カレンは国家資格であるフラワー装飾技能士における1級フラワー装飾技能士合格証書の保持者です。
京都四条北洞院流家元エリ子花前カレンの国家資格であるフラワー装飾技能士における1級フラワー装飾技能士合格証書画像@一般社団法人京都国際芸術院 フラワー装飾技能士とは、国家資格である技能検定制度の一種で、都道府県職業能力開発協会が実施する、フラワー装飾に関する学科および実技試験に合格した者をいいます。
 生花をメインに、ブライダルブーケの製作、パーティーや葬儀場などの飾り、フラワーアレンジメントパーティ会場の飾りつけなどフラワー装飾技能を証明する資格で、日本でフラワーデザインに関する唯一の国家資格であり、名称独占資格です。
 等級には、1級から3級まであり、それぞれ上級技能者、中級技能者、初級技能者が通常有すべき技能の程度と位置づけられています。

 受検資格を得るために必要な実務経験期間が必要で、各等級の期間は以下の通りです。
□3級 - 制限なし(実務経験があればよい)
□2級 - 2年以上(直接受検する場合)あるいは制限なし(3級合格後)
□1級 - 7年以上(直接受検する場合)あるいは4年以上(3級合格後)あるいは2年以上(2級合格後)。

★京都四条北洞院流家元エリ子花前カレンは民間資格であるフラワーアレンジメントにおける公益社団法人NFDのフラワーデザイナー資格検定試験の講師資格の保持者です。京都四条北洞院流家元エリ子花前カレンの民間資格である日本フラワーデザイナー協会(NFD)の講師資格の画像@一般社団法人京都国際芸術院
 公益社団法人日本フラワーデザイナー協会(略称:NFD)は、1967年に設立され、1969年に文部省(現:文部科学省)の許可を受け社団法人となりました。
 その後、2010年に内閣府よりフラワーデザイナー組織として唯一の公益社団法人として認定されました。
 フラワーデザイナー資格検定試験制度については、1967年より、NFDの「花文化の普及」という事業目的に沿って設けられた試験制度です。50年にわたり一律の基準をもって全国で統一した試験を開催し、多くの合格者を輩出した実績が認められ、業界内で技術的な基準として広く認知されています。

 フラワーデザイナー資格検定試験は、3級 → 2級 → 1級 → 講師と段階的に定められた試験制度です。





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
hanamae at 21:00

2022年08月03日

と 『土用(3)/家元エリ子@KIAIGIA』

(3)『土用(3)/家元エリ子@KIAIGIA』


【土用(3)/家元エリ子@KIAIGIA 画像01】
土用(3)/家元エリ子@KIAIGIA画像01
▼画像クリックで1280x960pxlsに拡大@北洞院エリ子花前カレン
土用(3)/家元エリ子@KIAIGIA画像01
暦のごはん講座の土用や五行思想などのお勉強♪
(c) KIAIGIA All Rights Reserved.

画像はイメージです。
画像クリックで長辺1280x短辺960pxlsに拡大




 こんばんは、北洞院エリ子花前カレンです♪

 このページは<花前のブログ by Hanasaki Karen>改め<京この頃★北洞院エリ子花前カレン>ブログです。

 本日は、『土用(3)/家元エリ子@KIAIGIA』ブログの紹介です。

 前回(昨日)の紹介ブログ『土用(2)/家元エリ子@KIAIGIA』の続きです。

 前々回(一昨日)の紹介ブログ『土用/家元エリ子@KIAIGIA』から続いています。

 トップのタイトル画像01は、わたくし京都四条北洞院流家元エリ子代表<北洞院エリ子花前カレン公式ブログProfilefacebookTwitterInstagram公式HP1公式HP2個人塾浜のフラワーショップ花屋の矜持)>が庭の植木の伐採と手入れを行っている時のワンショットビジュアルです。

 画像タイトルはファイルタイトルとは異なりますが、「土用/家元エリ子@KIAIGIA京都国際芸術協会by北洞院エリ子花前カレン」で統一しています。

 画像サブタイトルは、<暦のごはん講座の土用や五行思想などのお勉強♪(c) KIAIGIA All Rights Reserved.>で統一しています。

 Twitterとfacebook用コメントは、<★土を触る土木や庭園植木工事は土用の間日に行うのが無難です♪>としています。

 五行に由来する暦では先日書いてきた「七夕」も大いに五行思想が反映されています。

 あ、七夕については先日以下のブログ「暦のごはんリハ@京都国際芸術協会」シリーズ
暦のごはんリハ(4)@京都国際芸術協会
暦のごはんリハ(3)@京都国際芸術協会
暦のごはんリハ(2)@京都国際芸術協会
暦のごはんリハ@京都国際芸術協会
を作成して投稿してあります。

 併せてお読みいただければ幸いです。


『土用(3)/家元エリ子@KIAIGIA』data

■URL=http://hanamae.blog.jp/archives/37981828.html
■タグ=土用 家元エリ子 KIAIGIA 五行思想 暦のごはん 土用の間日 土公神 京都国際芸術協会 北洞院エリ子 花前カレン
■画像タイトル=土用(3)/家元エリ子@KIAIGIA京都国際芸術協会by北洞院エリ子花前カレン
■サブタイトル=暦のごはん講座の土用や五行思想などのお勉強♪(c) KIAIGIA All Rights Reserved.
■Twitterとfacebook用コメント=★土を触る土木や庭園植木工事は土用の間日に行うのが無難です♪
■画像 ※332x249でページ表示、画像クリックで1280x960に拡大
□土用(3)/家元エリ子@KIAIGIA画像01
=https://livedoor.blogimg.jp/hanamae/imgs/e/a/eaf265f3.jpg
□土用(3)/家元エリ子@KIAIGIA画像02
=https://livedoor.blogimg.jp/hanamae/imgs/d/3/d3e9dc88.jpg


【土用(3)/家元エリ子@KIAIGIA 画像02】
土用(3)/家元エリ子@KIAIGIA画像02
▼画像クリックで1280x960pxlsに拡大@北洞院エリ子花前カレン
土用(3)/家元エリ子@KIAIGIA画像02
暦のごはん講座の土用や五行思想などのお勉強♪
(c) KIAIGIA All Rights Reserved.

画像はイメージです。
画像クリックで長辺1280x短辺960pxlsに拡大




 いつもネットで調べている、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』を参考にして、お勉強しています。

 土用とは、<「土用」出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』>を引用すると、以下

土用の間は、土の気が盛んになるとして、動土・穴掘り等の土を犯す作業や殺生が忌まれた。>

<ただし、土用に入る前に着工して土用中も作業を続けることは差し支えないとされた。>

<また「土用の間日(まび)」には土用の障りがないとされた。>

と書かれています。

 上の画像02は、「土用の間日(まび)」に土を触った時のワンショットビジュアルです。

 わたくしは植木や庭の植木の剪定や伐採もやりますので、エクステリア工事のお仕事のご注文を頂いたときに、クライアント様から土留めの土木工事も頼まれました。

 土木はわたくしの専門外ですが、ウチの職人さんのコネでお仕事がスムーズに運びました。

 昔から土用にしてはいけないことの言い伝えがあります。

 それは「土を犯してはいけない(土を掘り起こしてはいけない)」という事です。

 土用の期間は、土の神様、土公神(どくしん・どくじん)が支配するといわれてきました。

 迷信でしょうけれども、今でも、家などを建築する際、土を掘り起こしたりする基礎工事などは土用の期間に行わないという業者さんもいらっしゃいます。

 ウチ一般社団法人京都国際芸術協会<法人設立当時の旧商号:非営利型一般社団法人京都国際芸術院(法人番号7130005015305/略称:KIAIGIA/キアイジャ/公式ページFacebookページ公式Twitter代表のTwitter大阪南本部)>に出入りしている職人さんにお仕事を請け負って貰いました。

 土用は季節の変わり目で、昨今では異常気象も顕著なので、大雨洪水竜巻暴風雨などこの土用には要注意です。

 晩夏土用で暑さが残る時に建築や造園や土木作業だけでなく農作業も十分気を付けて行いながら、暑い夏を乗り切らなくてはなりません。

 でも最近の気温は想像を超えています。

 京都は大阪と比べて本当に暑いです。

 こんな暑い時に体力を消耗した時は、身体の滋養にやはり土用丑の鰻(うなぎ)ですね。

 先月の7月23日 (一の丑)に鰻を食べなかった人にチャンスです。

 明日8月4日(二の丑)も2回目の鰻の日です。

 もう一度このチャンスを逃さずに。・・・つづく



■企画・取材&テキスト:北洞院エリ子花前カレン
□撮影:そよ江,、EricoHK大阪南本部
□テキスト&画像編集:HirokoFIORIErico_


北洞院エリ子花前カレンについて


■AboutUs(1) このブログページは、我が一般社団法人京都国際芸術協会<2018年法人設立当時の旧商号:非営利型一般社団法人京都国際芸術院(法人番号7130005015305/略称:KIAIGIA/キアイジャ/公式ページFacebookページ公式Twitter代表のTwitter大阪南本部)>花の代表、北洞院流華法道の家元として指揮を執るわたくし京都四条北洞院流家元エリ子<北洞院エリ子花前カレン公式ブログProfilefacebookTwitterInstagram公式HP1公式HP2個人塾浜のフラワーショップ花屋の矜持)>が管理者です。

★京都四条北洞院流家元エリ子花前カレンは京都大覚寺華道いけばな嵯峨御流の華範(※お免状画像はここをクリック)資格保持者です。
京都四条北洞院流華法道家元エリ子花前カレン習得の京都大覚寺華道いけばな嵯峨御流の皆伝→准師範→師範→華範までの各お免状画像@一般社団法人京都国際芸術院 エリ子花前カレンが入門した頃の階級は、入門→初伝→奥伝→皆伝→准師範(師範代)→師範→華範という階級です。
 ここでいう華範とは、
師範の師範で、正教授の事、英語では「professor 教授・プロフェッサー」と訳します。
 エリ子花前カレンの華道いけばなの修業は、入門から始めて免許皆伝から師範を教える階級トップの華範まで続けました。

★京都四条北洞院流家元エリ子花前カレンは国家資格であるフラワー装飾技能士における1級フラワー装飾技能士合格証書の保持者です。
京都四条北洞院流家元エリ子花前カレンの国家資格であるフラワー装飾技能士における1級フラワー装飾技能士合格証書画像@一般社団法人京都国際芸術院 フラワー装飾技能士とは、国家資格である技能検定制度の一種で、都道府県職業能力開発協会が実施する、フラワー装飾に関する学科および実技試験に合格した者をいいます。
 生花をメインに、ブライダルブーケの製作、パーティーや葬儀場などの飾り、フラワーアレンジメントパーティ会場の飾りつけなどフラワー装飾技能を証明する資格で、日本でフラワーデザインに関する唯一の国家資格であり、名称独占資格です。
 等級には、1級から3級まであり、それぞれ上級技能者、中級技能者、初級技能者が通常有すべき技能の程度と位置づけられています。

 受検資格を得るために必要な実務経験期間が必要で、各等級の期間は以下の通りです。
□3級 - 制限なし(実務経験があればよい)
□2級 - 2年以上(直接受検する場合)あるいは制限なし(3級合格後)
□1級 - 7年以上(直接受検する場合)あるいは4年以上(3級合格後)あるいは2年以上(2級合格後)。

★京都四条北洞院流家元エリ子花前カレンは民間資格であるフラワーアレンジメントにおける公益社団法人NFDのフラワーデザイナー資格検定試験の講師資格の保持者です。京都四条北洞院流家元エリ子花前カレンの民間資格である日本フラワーデザイナー協会(NFD)の講師資格の画像@一般社団法人京都国際芸術院
 公益社団法人日本フラワーデザイナー協会(略称:NFD)は、1967年に設立され、1969年に文部省(現:文部科学省)の許可を受け社団法人となりました。
 その後、2010年に内閣府よりフラワーデザイナー組織として唯一の公益社団法人として認定されました。
 フラワーデザイナー資格検定試験制度については、1967年より、NFDの「花文化の普及」という事業目的に沿って設けられた試験制度です。50年にわたり一律の基準をもって全国で統一した試験を開催し、多くの合格者を輩出した実績が認められ、業界内で技術的な基準として広く認知されています。

 フラワーデザイナー資格検定試験は、3級 → 2級 → 1級 → 講師と段階的に定められた試験制度です。





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
hanamae at 21:00

2022年08月02日

と 『土用(2)/家元エリ子@KIAIGIA』

(2)『土用(2)/家元エリ子@KIAIGIA』


【土用(2)/家元エリ子@KIAIGIA 画像01】
土用(2)/家元エリ子@KIAIGIA画像01
▼画像クリックで1280x960pxlsに拡大@北洞院エリ子花前カレン
土用(2)/家元エリ子@KIAIGIA画像01
暦のごはん講座の土用や五行思想などのお勉強♪
(c) KIAIGIA All Rights Reserved.

画像はイメージです。
画像クリックで長辺1280x短辺960pxlsに拡大




 こんばんは、北洞院エリ子花前カレンです♪

 このページは<花前のブログ by Hanasaki Karen>改め<京この頃★北洞院エリ子花前カレン>ブログです。

 本日紹介のブログは、『土用(2)/家元エリ子@KIAIGIA』です。

 前回(昨日)の紹介ブログ『土用/家元エリ子@KIAIGIA』の続きです。

 トップのタイトル画像は、<「五行思想」出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』>から引用した「五行の色、四季、方位を表した図」のワンショットビジュアルです。

 この「五行の色、四季、方位を表した図」は、「Wuxing_fr_2.svg: Ju gatsu mikka」とオーサーリングされていますので、ウィキペディアの規約通り画像を使用、一部編集させて頂いています。

 画像タイトルはファイルタイトルとは異なりますが、「土用/家元エリ子@KIAIGIA京都国際芸術協会by北洞院エリ子花前カレン」で統一しています。

 画像サブタイトルは、<暦のごはん講座の土用や五行思想などのお勉強♪(c) KIAIGIA All Rights Reserved.>で統一しています。

 Twitterとfacebook用コメントは、<★五行思想からくる暦「土用」についてネット検索してみましょう♪>としています。

 五行に由来する暦では先日書いてきた「七夕」も大いに五行思想が反映されています。

 あ、七夕については先日以下のブログ「暦のごはんリハ@京都国際芸術協会」シリーズ
暦のごはんリハ(4)@京都国際芸術協会
暦のごはんリハ(3)@京都国際芸術協会
暦のごはんリハ(2)@京都国際芸術協会
暦のごはんリハ@京都国際芸術協会
を作成して投稿してあります。

 併せてお読みいただければ幸いです。


『土用(2)/家元エリ子@KIAIGIA』data

■URL=http://hanamae.blog.jp/archives/37981711.html
■タグ=土用 家元エリ子 KIAIGIA 五行思想 暦のごはん ウィキペディア 土旺用事 京都国際芸術協会 北洞院エリ子 花前カレン
■画像タイトル=土用(2)/家元エリ子@KIAIGIA京都国際芸術協会by北洞院エリ子花前カレン
■サブタイトル=暦のごはん講座の土用や五行思想などのお勉強♪(c) KIAIGIA All Rights Reserved.
■Twitterとfacebook用コメント=★五行思想からくる暦「土用」についてネット検索してみましょう♪
■画像 ※332x249でページ表示、画像クリックで1280x960に拡大
□土用(2)/家元エリ子@KIAIGIA画像01
=https://livedoor.blogimg.jp/hanamae/imgs/8/2/826972a3.jpg
□土用(2)/家元エリ子@KIAIGIA画像02
=https://livedoor.blogimg.jp/hanamae/imgs/b/3/b37201b2.jpg


【土用(2)/家元エリ子@KIAIGIA 画像02】
土用(2)/家元エリ子@KIAIGIA画像02
▼画像クリックで1280x960pxlsに拡大@北洞院エリ子花前カレン
土用(2)/家元エリ子@KIAIGIA画像02
暦のごはん講座の土用や五行思想などのお勉強♪
(c) KIAIGIA All Rights Reserved.

画像はイメージです。
画像クリックで長辺1280x短辺960pxlsに拡大




 いつもネットで調べている、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』を参考にして、お勉強しています。

 土用とは、<「土用」出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』>の「歴史」を引用すると、以下

<五行では、春に木気、夏に火気、秋に金気、冬に水気を割り当てている。>

<残った土気は季節の変わり目に割り当てられ、これを「土旺用事」、「土用」と呼んだ。>

と記載されています。

 そのほか土用について、ネット検索してみましょう。

 上の画像02は「土用」でキーワード検索したワンショットビジュアルです。

 上から、<「土用」出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』>、2枚目は<土用(どよう)とは - コトバンク>、そして一番下は<どよう【土用】[0] - 広辞苑無料検索 新明解国語辞典 - Sora>のスクリーンショット画像を編集しています。・・・つづく



■企画・取材&テキスト:北洞院エリ子花前カレン
□撮影:そよ江,、EricoHK大阪南本部
□テキスト&画像編集:HirokoFIORIErico_


北洞院エリ子花前カレンについて


■AboutUs(1) このブログページは、我が一般社団法人京都国際芸術協会<2018年法人設立当時の旧商号:非営利型一般社団法人京都国際芸術院(法人番号7130005015305/略称:KIAIGIA/キアイジャ/公式ページFacebookページ公式Twitter代表のTwitter大阪南本部)>花の代表、北洞院流華法道の家元として指揮を執るわたくし京都四条北洞院流家元エリ子<北洞院エリ子花前カレン公式ブログProfilefacebookTwitterInstagram公式HP1公式HP2個人塾浜のフラワーショップ花屋の矜持)>が管理者です。

★京都四条北洞院流家元エリ子花前カレンは京都大覚寺華道いけばな嵯峨御流の華範(※お免状画像はここをクリック)資格保持者です。
京都四条北洞院流華法道家元エリ子花前カレン習得の京都大覚寺華道いけばな嵯峨御流の皆伝→准師範→師範→華範までの各お免状画像@一般社団法人京都国際芸術院 エリ子花前カレンが入門した頃の階級は、入門→初伝→奥伝→皆伝→准師範(師範代)→師範→華範という階級です。
 ここでいう華範とは、
師範の師範で、正教授の事、英語では「professor 教授・プロフェッサー」と訳します。
 エリ子花前カレンの華道いけばなの修業は、入門から始めて免許皆伝から師範を教える階級トップの華範まで続けました。

★京都四条北洞院流家元エリ子花前カレンは国家資格であるフラワー装飾技能士における1級フラワー装飾技能士合格証書の保持者です。
京都四条北洞院流家元エリ子花前カレンの国家資格であるフラワー装飾技能士における1級フラワー装飾技能士合格証書画像@一般社団法人京都国際芸術院 フラワー装飾技能士とは、国家資格である技能検定制度の一種で、都道府県職業能力開発協会が実施する、フラワー装飾に関する学科および実技試験に合格した者をいいます。
 生花をメインに、ブライダルブーケの製作、パーティーや葬儀場などの飾り、フラワーアレンジメントパーティ会場の飾りつけなどフラワー装飾技能を証明する資格で、日本でフラワーデザインに関する唯一の国家資格であり、名称独占資格です。
 等級には、1級から3級まであり、それぞれ上級技能者、中級技能者、初級技能者が通常有すべき技能の程度と位置づけられています。

 受検資格を得るために必要な実務経験期間が必要で、各等級の期間は以下の通りです。
□3級 - 制限なし(実務経験があればよい)
□2級 - 2年以上(直接受検する場合)あるいは制限なし(3級合格後)
□1級 - 7年以上(直接受検する場合)あるいは4年以上(3級合格後)あるいは2年以上(2級合格後)。

★京都四条北洞院流家元エリ子花前カレンは民間資格であるフラワーアレンジメントにおける公益社団法人NFDのフラワーデザイナー資格検定試験の講師資格の保持者です。京都四条北洞院流家元エリ子花前カレンの民間資格である日本フラワーデザイナー協会(NFD)の講師資格の画像@一般社団法人京都国際芸術院
 公益社団法人日本フラワーデザイナー協会(略称:NFD)は、1967年に設立され、1969年に文部省(現:文部科学省)の許可を受け社団法人となりました。
 その後、2010年に内閣府よりフラワーデザイナー組織として唯一の公益社団法人として認定されました。
 フラワーデザイナー資格検定試験制度については、1967年より、NFDの「花文化の普及」という事業目的に沿って設けられた試験制度です。50年にわたり一律の基準をもって全国で統一した試験を開催し、多くの合格者を輩出した実績が認められ、業界内で技術的な基準として広く認知されています。

 フラワーデザイナー資格検定試験は、3級 → 2級 → 1級 → 講師と段階的に定められた試験制度です。





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
hanamae at 21:00
ギャラリー
  • 暦のごはん2024第一回(10)/北洞院エリ子花前カレン
  • 暦のごはん2024第一回(10)/北洞院エリ子花前カレン
  • 暦のごはん2024第一回(10)/北洞院エリ子花前カレン
  • 暦のごはん2024第一回(10)/北洞院エリ子花前カレン
  • 暦のごはん2024第一回(9)/北洞院エリ子花前カレン
  • 暦のごはん2024第一回(9)/北洞院エリ子花前カレン
QRコード
QRコード
記事検索
最新記事