2016年08月06日

岸和田SAかねちかの桃/花前カレン

岸和田SAかねちかの桃
花前カレン
facebook
ここをクリックでこのページだけ表示
---最新ページ更新---
ライフスタイル・暮らし
□■□Google検索□■□

Google
包近の桃 花前 <岸和田SAかねちかの桃/花前カレン>検索ボタン
▼「めっけもん 花前カレン」Google画像検索

▼「フラワーアレンジメント 花前カレン」すべて検索

▼「花前カレン」でGoogle画像検索はこちら


■記事『岸和田SAかねちかの桃/花前カレン』


  今回の紹介ブログは、『岸和田SAかねちかの桃/花前カレン』です。

  花前カレンブログでは、最近では桃については以下のブログを書いています。
8/5(金)『包近の桃/花前カレン
8/4(木)『かねちかの桃/花前カレン
8/3(水)『包近の桃/花前カレン一期一会
8/2(火)『かねちかの桃/花前カレン一期一会
8/1(月)『包近桃選果場/花前カレン
をアップしてあります。あわせてご覧いただければ幸いです。
  また、以下のようなブログ
めっけもん/花前カレン
めっけもん/花前カレン一期一会
めっけもん広場(3)/花前カレン一期一会
めっけもん広場(2)/花前カレン一期一会
めっけもん広場/花前カレン一期一会
頂き桃あら川の桃/花前カレン
あら川の桃清水白桃/花前カレン
あら川の桃/花前カレン一期一会
もあわせてご覧いただければ幸いです。

【岸和田SAかねちかの桃/花前カレン 01】
岸和田SAかねちかの桃/花前カレン画像01
岸和田SAかねちかの桃/花前カレン画像01
ギネス認定糖度22.2%世界一松本氏マサヒメが阪和道岸和田SAで♪


  阪和自動車道岸和田SA下り(はんわじどうしゃどうきしわだサービスエリアくだり)に行って来ました。2016年7月23日(土)24日(土)の後日談です。私、花前カレンは岸和田出身ですが、実は灯台もと暗し。阪和道岸和田SA下りに一度も立ち寄った事は無かったです。阪和道岸和田SA下りは立派で驚きました。

【岸和田SAかねちかの桃/花前カレン 02】
岸和田SAかねちかの桃/花前カレン画像02
岸和田SAかねちかの桃/花前カレン画像02
ギネス認定糖度22.2%世界一松本氏マサヒメが阪和道岸和田SAで♪

画像にマウスオーバーで画像入替


  感激してSA構内の撮影バシャバシャ、バシャ。人から見ると、日本に観光にやって来た香港人(広東語を喋る人達がバスで降りて来た)旅行客の一人に見えるかも知れません。なぜ香港人て分かったかって?何か聞かれたので「フロムホエアー?」と聞き返すと「ロムヒョオンコン!」と聞こえたんで。「ヒョオンコン!」って「香港」のことでしょ。下に、ブログテキストとは無関係ですが、撮影した画像を掲載します。

【岸和田SAかねちかの桃/花前カレン 03】
岸和田SAかねちかの桃/花前カレン画像03
岸和田SAかねちかの桃/花前カレン画像03
ギネス認定糖度22.2%世界一松本氏マサヒメが阪和道岸和田SAで♪


   さて、先日、Fioriフィオリちゃんに、包近の桃(かねちかの桃)の「包近桃選果場」の撮影をして来てもらいました。Fioriフィオリちゃんとは、私の後輩でもあり、フラワーアレンジメント教室の生徒でもあり、私のブログのアドバイザーもしてもらっています。彼女は大阪市内のIT(アイティ)の会社に勤めていて、DC(デジタル・コンテンツ)クリエーターという専門職です。まあ、例えばクライアントの依頼を受けてHPや公式ページ制作等をするお仕事だそうです。彼女は自分の事をノマドのフィオリと呼んでいます。・・・つづく。


□テキスト編集:Fiori, Erico _


  以上、岸和田SAかねちかの桃/花前カレンの各画像はクリックまたはタップで全て640x480pxlsに拡大します。

※本ブログページのすべての画像3枚をスライドショー480x360pxlsで見られます。

段落ライン/岸和田SAかねちかの桃/花前カレン
★Erico Flower Arrangement Institute★


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
ギャラリー
  • 交換ブログ(6)書と花の出会い/京都国際芸術院
  • 交換ブログ(6)書と花の出会い/京都国際芸術院
  • 交換ブログ(6)書と花の出会い/京都国際芸術院
  • 交換ブログ(6)書と花の出会い/京都国際芸術院
  • 交換ブログ(6)書と花の出会い/京都国際芸術院
  • 交換ブログ(6)書と花の出会い/京都国際芸術院
  • 交換ブログ(6)書と花の出会い/京都国際芸術院
  • 交換ブログ(6)書と花の出会い/京都国際芸術院
  • 交換ブログ(5)花は花屋/京都国際芸術院