2024年05月18日

暦のごはん~暮らしの健康食(6)/家元エリ子

こ 『暦のごはん~暮らしの健康食(6)/家元エリ子』

(6)『暦のごはん~暮らしの健康食(6)/家元エリ子』
http://hanamae.blog.jp/archives/42350782.html


【暦のごはん~暮らしの健康食(6)/家元エリ子 画像01】
暦のごはん~暮らしの健康食(6)/家元エリ子画像01
▼画像クリックで1280x960pxlsに拡大@北洞院エリ子花前カレン
暦のごはん~暮らしの健康食(6)/家元エリ子画像01
北洞院流家元エリ子の生涯学習定期講座暦のごはん♪
(c) KIAIGIA All Rights Reserved.

画像はイメージです。
画像クリックで長辺1280x短辺960pxlsに拡大



ごきげんよろしゅう、
 北洞院エリ子花前カレンです♪


 このページは<花前のブログ by Hanasaki Karen>改め<京この頃★北洞院エリ子花前カレン>ブログです。

 今回の紹介ブログは、『暦のごはん~暮らしの健康食(6)/家元エリ子』です。

 「暦のごはん~暮らしの健康食/家元エリ子」ブログは、8本シリーズで今までに以下のブログ
『暦のごはん~暮らしの健康食(6)/家元エリ子』
暦のごはん~暮らしの健康食(5)/家元エリ子
暦のごはん~暮らしの健康食(4)/家元エリ子
暦のごはん~暮らしの健康食(3)/家元エリ子
暦のごはん~暮らしの健康食(2)/家元エリ子
暦のごはん~暮らしの健康食/家元エリ子
を作成して投稿しています。

 あわせてご覧頂ければ幸いです。


 忙しい毎日で簡単な食事で済ます人が少なくないと聞きます。

 そしてとりわけ偏った食事から来る低栄養の若者や高齢者も増加しているとも聞きます。

 こんな時こそ、スーパーで簡単に手に入る身近な食品の栄養と効能上手く組み合わせて食事に盛り込むことが大切です。

 「に(肉)、ぎ(乳製品)、や(緑黄色野菜)、か(海藻)に、い(芋類)、た(卵)、だ(大豆)、く(果物)、さ(魚)、あ(油)、こ(穀物)」の順で、「にぎやかにいただくさあこ(賑やかに頂く紗亜子)」の駄洒落で、私栄養士(※ここをクリックで私の栄養士資格の免許証が見れます)北洞院エリ子花前カレンがお勧めする、メチャ簡単で高タンパクな一汁三菜の「暦のごはん~暮らしの健康食(実習編)5月の献立」です。

 今回の講座のテーマは、時には簡単に出来る「私の栄養管理」として「10食品群チェックシート」をつかって、ご自分の栄養管理をして、手間をかけずに美味しくて楽しくパワフルな健康生活を営んでもらいたいと思います。

 この献立メニューなら、イケてる!

 なるほど!「食事の基本10食品群プラス穀物」を摂取するには、こんな風にすればすべて食べられます。

 前回に続いて、基本10食品群の中の肉類と芋類は、スーパーで販売しているドイツ製粗挽きポークソーセージとポテトチップスです。

■暦のごはん~暮らしの健康食(実習編)5月メニュー栄養と効能

□粗挽きポークソーセージ(豚肉/肉類)
 タンパク質 動物性タンパク質が多く含まれている
 タンパク質は血液や骨、筋肉、皮膚など成長や健康維持に関わり、カラダに必要不可欠な栄養素
 ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える成分、疲労物質である乳酸を体内に溜まりにくくしてくれる効果もある
パリッが魅力 - ソーセージの栄養と効果とは?
https://ryoko-club.com/food/sausage-nutrition.html

□ポテトチップス(芋類)
 糖質はエネルギーになり取り過ぎると脂肪になって身体に蓄えられる
 脂質 たんぱく質
 ビタミンCだけの比較でいえば、トマトと同じ含有量で効果は抗酸化作用、疲労改善作用がある
ポテトチップスを食べ続けることが少しだけ楽になる事実 | 味博士の研究所 | 味博士の研究所
https://aissy.co.jp/ajihakase/blog/archives/12423

□プチトマト(緑黄色野菜)
 リコピン 強い抗酸化作用があり肌のシミやしわなどの予防に役立ち、油と一緒に調理することで、体に吸収されやすい
 ビタミンC、β-カロテンの含有量も多い
トマトの栄養と効能はやはりすごい!~加工品についても詳しく解説~ | シンクヘルス株式会社
https://health2sync.com/ja/blog/tomato-nutrition/

 彩りにプチトマトを添えることによって緑黄色野菜をゲットして、一層栄養と効能が増加します!

 お好きならブロッコリーをチンして添えると、イタリアントリコロールで白い皿に映えて綺麗で、食欲が増進しますね!

 ちなみに、私は料理に牛肉よりも豚肉をよく使います。

 豚肉は、ビタミンB群が豊富で、牛肉に比べると約8倍~10倍のビタミンB1が含まれています。

 豚肉のビタミンB1は、疲労回復やストレスの軽減、そして不飽和脂肪酸のオレイン酸効果で悪玉コレステロールの減少も期待でき、成人病生活習慣病予防のエイジング対策にもなります。

 豚肉のビタミンB2は、皮膚や神経を健康に保つナイアシンも豊富で美容効果があると言われています。

 エイジングとともに留意したい事は、肌のうるおいを保つ保湿効果や、脂質をエネルギーに変えて皮脂バランスをコントロールする美肌健康効果です。 ・・・つづく




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ギャラリー
  • 暦のごはん2024第一回(8)/北洞院エリ子花前カレン
  • 暦のごはん2024第一回(8)/北洞院エリ子花前カレン
  • 暦のごはん2024第一回(8)/北洞院エリ子花前カレン
  • 暦のごはん2024第一回(8)/北洞院エリ子花前カレン
  • 暦のごはん2024第一回(7)/北洞院エリ子花前カレン
  • 暦のごはん2024第一回(7)/北洞院エリ子花前カレン
QRコード
QRコード
記事検索
最新記事